« 特別企画展生誕130年堂本印象京都府立堂本印象美術館で《木華開耶媛》などの人気作品が一堂に | トップページ | 水戸駅前に複合オフィスビルエムズインターナショナル仮称が2019年秋誕生商業エリアも »

2022年6月 3日 (金)

sacaiサカイ2019年春夏コレクション鮮やかな色彩を流れる風にのせて

(sacai)の2019年春夏ウィメンズコレクションが、フランス・パリで2018年10月1日(月)に発ロジェ?ヴィヴィエフェラガモベルトコピー靴コピー表された。サカイの“ハイブリッド”デザインsacai(サカイ) 2019年春夏コレクション - 鮮やかな色彩を流れる風にのせて|写真20今シーズンもサカイの“”デザインは続く。ジャケットと、デニムジャケットなど、全く異なる歴史とデザイン特性を持ったものたちが、一つのガーメンツに落とし込まれ、新しい洋服として生まれ変わる。sacai(サカイ) 2019年春夏コレクション - 鮮やかな色彩を流れる風にのせて|写真11ドッキングの方法は、右半分がAで左半分がBといった方法ではなく、大胆でアグレッシブだ。左のアームはエポレットを残したトレンチコートそのもの、横にはガンパッチが残っている。しかし身頃全体はダブルのジャケットになっていて、右のアームはクラシックなスーツスタイル。首元は両者が共存し、襟高なトレンチコートの要素も、付きのシックなスーツの要素も残っている。sacai(サカイ) 2019年春夏コレクション - 鮮やかな色彩を流れる風にのせて|写真16ホワイトシャツはより細かく解体され、襟元、胸元、袖口などのディテールだけを残し、トップスと融合させた。反対の袖は肉厚なニットが支配し、新しいファッションピースのような大きな存在感を放っている。装飾をプラスしてより複雑にsacai(サカイ) 2019年春夏コレクション - 鮮やかな色彩を流れる風にのせて|写真27クラシック、、スポーツ、ドレス。コットン、レース、デニム、。テイストも素材も無秩序に入り乱れたスタイルには、テープやドローコード、ハトメ、レースのパッチなどでデコレーションを加え、さらに複雑で難解なものへと昇華させる。流れるようなアシンメトリーなシルエットsacai(サカイ) 2019年春夏コレクション - 鮮やかな色彩を流れる風にのせて|写真40シルエットは、どちらか片方に傾き。特に、スカートやシースルードレスが横に流れるように伸ばされ、軽やかに仕上がっている。発色のよいイエローや、オレンジ・パープル・などパンチの効いた色彩のミックスなど、色使いも新しくフレッシュに映る。

« 特別企画展生誕130年堂本印象京都府立堂本印象美術館で《木華開耶媛》などの人気作品が一堂に | トップページ | 水戸駅前に複合オフィスビルエムズインターナショナル仮称が2019年秋誕生商業エリアも »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ