« ラフォーレ原宿2015年秋約30店舗をリニューアルジェラートピケampロブションの限定ストアも | トップページ | sacaiサカイ2019年春夏コレクション鮮やかな色彩を流れる風にのせて »

2022年6月 2日 (木)

特別企画展生誕130年堂本印象京都府立堂本印象美術館で《木華開耶媛》などの人気作品が一堂に

特別企画展「生誕130年 堂本印象」が、京都府立堂本印象美術館にて、2021年11月23日(火・祝)まで開催される。なお、当初は9月26日(日)閉幕の予定であったが、延長された。堂本印象の作品の魅力を紹介堂本印象《木華開耶媛》1929年(昭和4年) 京都府立堂本印象美術館蔵堂本印象《木華開耶媛》1929年(昭和4年) 京都府立堂本印象美術館蔵大正から昭和にかけて京都で活躍した日本画家、堂本印象。1919年の第1回帝展に《深草》が初入選し、日本画家として歩み始めた印象は、《華厳》や《木華開耶媛(このはなさくやひめ)》といった大作を数多く制作し、画壇で確固たる地位を築く。戦後は抽象表現や障壁画なども手がけ、その才能を発揮した。堂本印象《桜狩》1928年(昭和3年) 個人蔵堂本印象《桜狩》1928年(昭和3年) 個人蔵特別企画展「生誕130年 堂本印象」は、堂本印象の生誕130年を記念し、その創作活動を振り返る展覧会だ。代表作を中心に、京都で眼にする機会の少ない作品なども展示し、印象作品の魅力を紹介する。印象の人気作品を一挙展示堂本印象《交響》1961年(昭和36年) 京都府立堂本印象美術館蔵堂本印象《交響》1961年(昭和36年) 京都府立堂本印象美術館蔵本展では、印象の作品のなかでもとりわけ有名な《木華開耶媛》や、抽象表現の代表作《交響》など、2019年に実施された同館のコレクション人気投票で選ばれた上位10作品を展示。印象の人気作を存分に楽しむことができる。また、会場では《桜狩》や《寿梅図》などの新発見作品7点も初公開する。展覧会概要特別企画展「生誕130年 堂本印象」
会期:2021年6月4日(金)~11月23日(火・祝)
※当初は9月26日(日)閉幕の予定であったが延長
会場:京都府立堂本印象美術館
住所:京都府京都市北区平野上柳町26-3
開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(8月9日(月・休)、9月20日(月・祝)、11月22日(月)は開館)、8月10日(火)、9月21日(火)
観覧料:一般 510円(400円)、高大生 400円(320円)、小中生 200円ルイヴィトンイヤリングコピー(160円)
※( )内は20名以上の団体料金
※65歳以上(要公的証明)および障害者手帳の持参者(介護者1名含む)は無料
※予定は変更となる場合あり(来館前に美術館ホームページなどにて最新情報を確認)

※《戦艦大和守護神》(1940年頃)、《手をつなぐ(万国博ホール緞帳原画)》(1969年)は、9月26ルイヴィトン靴コピー日(日)までの展示

【問い合わせ先】
京都府立堂本印象美術館
TEL: 075-463-0007

« ラフォーレ原宿2015年秋約30店舗をリニューアルジェラートピケampロブションの限定ストアも | トップページ | sacaiサカイ2019年春夏コレクション鮮やかな色彩を流れる風にのせて »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ