« エミリオ・プッチマッシモ・ジョルジェッティによるカプセルコレクションを発表 | トップページ | ポール・スミス×クリストフ・ニーマンシンプルなアートを配したシャツやフーディなど »

2022年5月30日 (月)

カズユキクマガイ2016年春夏コレクション淡く柔く緩いスポーツスタイル

(KAZUYUKI KUMAGAI)の2016年春夏コレクションは、ホワイトやグレーといった淡い色味を中心に、Aラインのシルエットが際立つコレクションを展開。色とシルエットから生まれる柔らかい印ボッテガヴェネタバッグコピー象に、スニーカーなどのスポーティなアイテムを合わせ、メリハリを演出した。

大きめのハットにさりげないプリーツが施されたアウターを合わせたルックでは、モノトーンと思えない表現の深みが散見。チラリと覗くカットソーの模様とトラウザーのタイト目なラインが、個性の強いミドウブロスーパーコピール丈のコートを引き立たせている。
グレーのワントーンで凛々しく締めたコーディネートでは、長めのブルゾンのサイドにスリットを施しリラックスした雰囲気を漂わせて。リラックス感が、ブルゾンの素材感や然りげないロールアップ、ちらりと覗くインナーなど、あらゆる要素から構成されているのも、魅力を感じる所以だろう。

コレクションを象徴するような、Aラインのミドル丈アウターと、スポーティな要素をミックスしたルックでは、アイテムのサイズ感の掛け合わせが絶妙。膝上のショーツに対し、アームホールや身頃などどれをとってもオーバーシルエットなアウターを合わせることで、「大 小」の構図が一目で味わえる。スニーカーやキャップも、スポーツを取り入れたことを明示してくれ、ハッキリとした印象を与えている。

« エミリオ・プッチマッシモ・ジョルジェッティによるカプセルコレクションを発表 | トップページ | ポール・スミス×クリストフ・ニーマンシンプルなアートを配したシャツやフーディなど »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

無料ブログはココログ